読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを知っている人は、しあわせ

好きなことを知れば幸せになれる。好きなことが分からないと幸せになるのは難しい    

キングジムの開発会議に感心(がっちりマンデー)

少し前ですが、6月12日TBS日曜朝の経済番組、がっちりマンデーキングジムを特集していました。

 

キングファイルなど定番商品もあるものの、主にスキマ狙い(ニッチ市場)の文具メーカーです。

 

スタジオには宮本彰社長が出演。

 

前半は定番商品「キングファイル」やラベルプリンター「テプラ」の紹介でしたが、自分が特に興味を持ったのは番組後半に紹介していた新商品の開発会議の様子です。

 

キングジムでは商品開発の会議は3段階に分かれているとのこと。
(正確な内容は、がっちりマンデー キングジムで検索すれば出てくると思います)

 

第一段階では、アイデアを評価するのではなく、他の人のアイデアを聞いた人も、どんどんアイデアを出していくのがポイント。

 

第二段階では、アイデアそのものではなく自社が強いマーケットの商品なのかに焦点を当てて審査。(キングジムにとってハードルの高すぎる商品やニッチ過ぎる商品は難しい)

 

第三段階では、そこまで残ったアイデアの9割を会社幹部の総意として承認。
ただし、その中の9割は失敗することを覚悟している。
どのアイデアが、成功する1割になるかは、社長でも分からない。

 

 

宮本彰社長のコメント
「みんなで話し合って、いろんな意見を聞くのが基本なんですけど、意見を聞きすぎても、よくない場合もある。いろんな部署の意見を聞くと、だんだんだんだん、あれもこれも取り入れようと本来つくりたい商品と違うものになってたりする。(中略)最初に、こういうものを作りたいって言う思い込みを非常に大切にしたい」


この話は、商品開発だけでなく、自分らしく生きたいと思う人にも参考になると思います。(人の意見を聞きすぎると自分を見失ってしまうなど)

 

普段の人間関係では、何でも話を聞いてくれそうでいて、結局は自分の考えを相手に押し付けてしまう人もいます。
こういう人と一緒にいると、だんだんモヤモヤが溜まってきます。

 

一方、ある程度枠組みはありつつも、その枠内では相手に自由に喋らせてくれる人もいます。人のことをあまり批判せず、悪口なども言わないので、失敗談でも安心して話せる相手です。その上で、こちらの話にも関心を持ってくれる人なら理想的です。

こういう人との人間関係が持てると、自然と、気持ちよく自分らしく生きられるようになると思います。

 

 

学生時代、ある人に「自然な自分になれる友人関係が大切」と言われたのですが、当時は、その意味が、理解できませんでした。

しかし今回がっちりマンデーで紹介されていたキングジムの開発会議には、「自然な自分になれる人間関係」に関するヒントも含まれていたような気がします。