好きなことを知っている人は、しあわせ

好きなことを知れば幸せになれる。好きなことが分からないと幸せになるのは難しい    

鉄則モダン・カンポウ  新見正則


 

鉄則モダン・カンポウ (本当に今日からわかる漢方薬シリーズ) [ 新見正則 ]

 

私は長年漢方薬を服用していたこともあり、漢方には興味があります。しかし漢方に関する本の多くは、内容が難しかったり病名と漢方薬の羅列のような本が多く全部読み終わった本は、ほとんどありません。しかし、漢方の本の中では例外中の例外で、面白く最後まで読み終わったのが、この「鉄則モダン・カンポウ」です。

 

著者の新見正則医師は2013年にイグノーベル賞受賞。テレビ出演多数、慶応大学医学部卒業で現在は帝京大学病院の准教授。経歴だけでも個性の強そうな先生ですが、この本も類書のあまりない個性の強い内容です。

 

この本は、一応、現役の医師向けに書かれたものです。そのため一般向けの本と比べて、かなり割高。(183ページで3,240円、しかも文字が、かなり大きめです。)
普通の公立図書館や小さな書店では、まず置いてありません。しかし内容的には一般の人向けの本以上に、分りやすくなっています。漢方の理論は現代西洋医学の視点から見れば科学的ではないので、あまり拘る必要はない。西洋医学で治療しているのに慢性化してしまった患者の役に立つのであれば漢方を使えば良いという立場で書かれています。その一方で病名と漢方薬を一対一で対応させるような方法では限界があるので、漢方の理論を大幅に簡略化した「モダンカンポウ」を提唱しています。ベーシックイングリッシュみたいな発想でのベーシックカンポウと言えるかもしれません。

 

ツムラのエキス剤(普通にドラッグストアで売られている漢方薬)は、医療用と市販品で生薬の量が違うだけなので、自分で調節しても基本的には変わらない。医師が煎じ薬を扱っても、自分で生薬の目利きが出来ないと、煎じ薬のメリットを活かせない。だから基本的にエキス剤で充分、と言った患者向けの本には、あまり書かないことも、ちょこちょこ出ています。

 

医師の多くも漢方のことは分らないというスタンスで書かれているので、自分自身は非常に面白く読みました。しかし困った先生と思う人もいるかもしれません。

 

個人的には今まで飲んだことのある漢方薬が色々出てきて、これ飲んだことあるなと思い出しながら読みました。

 

好き嫌いが別れそうな内容ですが、個人的には一番好きな漢方の本。

 

鉄則モダン・カンポウ (本当に今日からわかる漢方薬シリーズ) [ 新見正則 ]

 

 

 

東大卒夫婦が教える受験術


 

「偏差値29→東大薬学部」「開成→東大医学部」の夫婦が教える受かる技術【電子書籍】[ 杉山 奈津子 ]

 

前回ブログに書いた森田敏宏「東大理Ⅲにも受かる7つの法則」が読み終わって返却しに行った図書館に置かれていたので、この本を借りて来ました。最初は東大卒夫婦で受験本って新しいと素直に感心していましたが、中身を読んで見ると実質的な著者は妻の杉山奈津子で夫の「タケ氏」は取材協力者でした。

 

しかし


「偏差値29→東大薬学部」「開成→東大医学部」の夫婦が教える受かる技術

 

と言う長いタイトルには偽りなし。タイトルに惹かれた人の期待を裏切らない、このまんまの内容です。

 

著者の杉山奈津子は既に数冊の著書があり、文章も読みやすく、受験本に期待される内容も熟知している様子。ただ、「文系科目はマンガ役にが立つ」と書いておけばページは埋まるみたいな、悪い意味での慣れも少し感じましたが。

 

入試問題の特徴を把握して、選択と集中メリハリをつけて対策を行っていくこと。この点では開成高校で成績優秀だった「タケ氏」も、偏差値29からスタートした杉山奈津子も同じ。特に高い集中力で質の高い勉強を行うのが大切。
二人の違いは、通っていた高校と準備期間の違い。

 

大学入試で必要な思考力とは、基本事項を組み合わせる力。公式を自分で証明するような非常に基礎的なことを考える力とは別物。この辺りの割り切りは、特に成績が良くて理系科目が好きな人が、確実に合格するためには大切なことかもしれません。これ以外にも入試では必要ないことの見極めが、1点を争う大学入試では大切。

 

大学の入試問題は、何十年経っても、それほど変わらないのに、高校生を取り巻く環境は、どんどん変化しているなと、こういう本からも伝わってきます。今ではテレビゲームやマンガの好きな東大生は珍しくないとのこと。その一方で、受験生の大敵はメールとLINE。親子関係に関する内容も結構書かれてるので、親御さんにも参考になりそうです。親が、この本を読んでも子どもが東大に受かるとは限りませんが、無駄な親子喧嘩をさけるヒントにはなりそうです。(親は勉強させること自体を目標にするのではなく、子どもに自信を付けさせるのが大切など)

 

あら捜しを始めると、いくつか気になる点もありますが、全体的には面白くて役に立つ受験本だと思います。

 

「偏差値29→東大薬学部」「開成→東大医学部」の夫婦が教える受かる技術【電子書籍】[ 杉山 奈津子 ]

森田敏宏「東大理Ⅲにも受かる7つの法則」


 

東大理3にも受かる7つの法則 難関を乗り越える処方箋(小学館101新書)【電子書籍】[ 森田敏宏 ]

 

東京大学理科Ⅲ類合格、東大医学部卒業の医師が書いた中学生、高校生向けの自己啓発本

 

進学校以外に通う中学生、高校生、地方在住の中学生、高校生を主な想定読者として、進学校に通う生徒に負けない心構えや学習習慣を説いています。

 

受験のテクニックと言うよりも、、コーチング理論や学習心理学を受験に応用した内容。経験的、あるいは心理学的に、ある程度根拠のある精神論を語る受験指南書。

 

自分の夢を実現するためには、「先人の知恵」を学ぶ必要がある。だから今は基礎的なことを学習して、大学を受験するという原点を忘れないこと。大学合格を最終目標にしてはダメ。

 

大学受験で一番大切なのは自信(高いセルフイメージ)。
無名校に通っていても、周囲の大人や同級生が夢を壊すような人ばかりでも、高いセルフイメージを持てるように、考え方や人との接し方を工夫すべき。

 

次に集中力をもって勉強を継続すること。この本には、ルーティーンという単語は出てきませんが、今風に言えば受験勉強におけるルーティーンを確立することが大切。

 

目標に応じて努力の方向性を軌道修正していくこと。
(各人の個性が入り込む余地が少ないのは、大学受験の性質上、止むを得ないことかもしれません)

 

この本の出版は2012年。本文中で言及されている東大秋入学は実現せず、日本人の多くも当時よりは自信を取り戻した雰囲気です。しかし、この数年間、これで良かったのだろうか。今読むなら、そんなことを考えながら読んで見るのも良いかもしれません。

東大理3にも受かる7つの法則 難関を乗り越える処方箋(小学館101新書)【電子書籍】[ 森田敏宏 ]

ドクターG、番組初期の内容を書籍化した本


 

医者は病気をどう推理するか【電子書籍】[ NHK「総合診療医ドクターG」制作班 編 ]


NHKの医療バラエティ番組「総合診療医ドクターG」

ウィキペディアによると既に第8シーズンまで放送されてるとのこと。本書は、BShiで放送された第1シリーズを書籍化したものです。

 

 実際に見てみると、200ページあまりに14症例を詰め込んだので、多数の病名や専門用語が列挙された講義ノート、メモ、レジュメのような雰囲気です。実際の番組ではホワイトボードに候補となる病名を列挙していきますが、本文中にも病名を列挙したようなページが多数あります。番組の再現ドラマの部分も、簡単に紹介しているので、病気の解説は、さらに駆け足になっています。巻末の解説によると、一般の人には難解な内容だが、番組と合わせて、番組の参考資料として読んでほしいとのこと。

 

素人の私も一応読み終わったのですが、内容はあまり覚えていません・・・

 

講師役の医師の中には感染症の専門家として有名な岩田健太郎医師も。(ケース4)少しネタバレになりますが、感染症の中から当て推量で当てようとしても、正解できないようになっています。

 

昨年、光文社新書から医療探偵「総合診療医」を出版した山中克郎医師は、ケース8と9を担当しています。医療探偵「総合診療医」は、3つのケースを、一般の人向けに、ゆっくり解説しています。(こちらのほうが一般向き)

 

医者は病気をどう推理するか【電子書籍】[ NHK「総合診療医ドクターG」制作班 編 ]

 

マンガおはなし化学史(ブルーバックス)

マンガおはなし化学史 驚きと感動のエピソード満載! (ブルーバックス

発売日:  2010年12月20日

著者/編集:  松本泉原作, 佐々木ケン漫画

出版社:  講談社

発行形態:  新書

ページ数:  295

ISBNコード:  9784062577106


講談社ブルーバックスシリーズの学習マンガ。

 

火をおこし土器を作った大昔の人類。

 

金や銅、鉄などの金属の発見と利用。

特に鉄を作り利用する技術は、軍事力に直結。

 

古代エジプトで始まった錬金術

中世のヨーロッパにも影響を与え、「化学」を準備。

化学も錬金術も語源は同じ。錬金術は意訳とのこと。


化学が錬金術から独立。

元素などの基本概念、質量保存の法則と言った基本法則が確立。


電気分解や分光分析による元素の発見が相次ぎ、メンデレーエフ周期表を作成。

初期の電気分解は、ヴォルタの電池を応用した文字通りの電池を使用。

分光分析では、理科の実験ではお馴染みの「ブンゼンバーナー」も登場。


最後の章では、20世紀になってナイロンなどの高分子も人工的に作れるようになったことを紹介しています。


学習マンガとしては、全体的に、かなり内容を詰め込んでいる感じです。最近出版された学習マンガ「元素に恋して」は化学を全く学習していない人を想定しているのに対して、こちらは中学、高校の化学を学びながら副読本的に読むのを想定していると思います。また科学の研究には、精密な測定と根気が必要だということも化学の歴史を通して伝わってきます。


錬金術までの「化学以前の化学」を詳しく扱っているのに対して、現代化学に関する部分は大幅にカット。物理や生物学との関わりの深い分野はほとんど省略されています。その結果、多くの人がイメージする「化学らしい分野」が選ばれているとも言えそうです。


化学や科学史に興味のある人が、気分転換に読むのに良さそうな1冊。

マンガ 動物園で もふもふお世話中!


 

動物園で もふもふお世話中!【電子書籍】[ きっか ]

 


東京都、吉祥寺駅から徒歩10分、井の頭公園の一角にある井の頭自然文化園(動物園)。この動物園の新人飼育員の物語(という設定のエッセイ風マンガ。取材をもとにしたフィクション)

 

飼育員は肉体労働。人と動物の双方に関して、安全と衛生を守るのは絶対条件。調子の悪い動物がいれば動物園の獣医さんに連絡。動物園なので来園者向けのイベントも大切。

 

 登場する動物は、馬、猿、カピバラ、モルモット、アライグマ、象など。
(一番もふもふしているのはモルモット)
最終章に出てくるゾウのはな子は、このマンガの出版直後、2016年の5月に69歳で亡くなりました。(高齢のはな子のために特別食を用意する場面も)

 

イラストも綺麗で、内容も悪くないと思います。マンガ喫茶とか図書館、ブックオフにあれば眺めてみる価値はあるでしょう。しかし、動物園というテーマは旭山動物園の話が有名すぎて、非常にハードルが高くなっています。余程優れた内容で無いと埋もれてしまうのが現実かもしれません。

 

動物園で もふもふお世話中!【電子書籍】[ きっか ]

 

知識ゼロからの現代漁業入門  濱田武士


 

図解 知識ゼロからの現代漁業入門 [ 濱田武士 ]

 

知識ゼロからの○○入門と言うと幻冬舎のシリーズが有名ですが、こちらは農協系の出版社「家の光協会」のシリーズ。普通の書店では、あまり見かけないかもしれませんが、図書館には置いてあることの多いシリーズです。

 

このシリーズのテーマは理工学的な内容よりも、産業としての農業、畜産業、林業、そして今回の漁業。単語のイメージとしては水産業に近い内容かもしれません。養殖業を含む漁業の現状。水産業に関する法律や漁協の役割。漁業権。漁師と言う職業の特殊性。水産物の加工と流通、漁業をめぐる国際関係(条約、二百海里、近隣諸国との漁業問題、捕鯨問題など)、漁獲資源の保護など。

 

あえて例えるなら、地理の教科書や授業に近い雰囲気かもしれません。主義主張を声高に叫ぶのではなく、事実を淡々と解説しています。

 

水産高校の卒業生のうち、漁業作業者になる割合は5%以下と言う記述も。

黄金伝説の「とったど〜 」や「あまちゃん」、都市伝説のように語られるマグロ漁船のイメージで安易に漁業を志す若者(特に中学生や高校生)に、冷静に考えることを促すという意味でも地域の公立図書館や中学、高校の学校図書館向きの内容になっていると思います。

 

 

図解 知識ゼロからの現代漁業入門 [ 濱田武士 ]