読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを知っている人は、しあわせ

好きなことを知れば幸せになれる。好きなことが分からないと幸せになるのは難しい    

リーダーの栞(モーサテ)で意外な1冊

テレビ東京系、朝の経済ニュース番組「Newsモーニングサテライト」、
社長など経営者の愛読書を紹介するリーダーの栞では、少し意外な本が
紹介されていました。


(以下公式サイトから引用)

www.tv-tokyo.co.jp



今回のリーダーは、郊外を中心に「焼肉きんぐ」「丸源ラーメン」「お好み焼き本舗」などを全国で200店ほど展開する物語コーポレーションの小林佳雄会長です。紹介する本はオランダ人ジャーナリストが書いた「人間を幸福にしない日本というシステム」。日本人の幸福をはばむ原因は「説明する責任」のない官僚が事実上の権力を握っていることにあると分析。人々は「シカタガナイ」というひとことで無関心でいるよう「しつけられている」と説いています。小林会長は本を読み「説明責任」こそ社員が自立してイキイキと働く原動力になるといいます。

 

人間を幸福にしない日本と言うシステム
カレル・ヴァン・ウォルフレン /著, 篠原 勝 /訳
毎日新聞社

 

感想
まだジャパンアズナンバーワンと信じていた人も少なくなかった20年以上前のベストセラー。当時は日本の官僚は特に優秀だと信じていた人が多数派だったと思います。官僚を反面教師にすると言う発想が非常に面白いと思いました。